ジャニーズ

スノストのCD売上はずるい?ミリオン達成は合算だから?比較できない理由も 

スノストCD売上ずるい ミリオン達成は合算の画像

スノスト(SixTONES vs Snow Man)が2020年1月22日に同時デビューを果たし、初日の売上が77.3万枚を記録し、話題になりました。

その後も売上を伸ばし、発売3日目にはミリオンも達成しました!

しかし、スノストのCD売上に関して「ずるい!」と批判的な声が上がっています。

さらに、CDを購入したファンの方々も売上に関して「納得いかない」方や「複雑な心境」の方も多くいました。

どういうことなのでしょうか?

スノストのCD売上について徹底調査しましたので、批判的な声や比較できない理由と共にご紹介します。


 

スノストCD売上がミリオン達成!歴代ジャニーズデビュー曲 初週売上ランキング1位!

まずは、スノストが歴代の記録を覆した衝撃的な結果をご覧ください。

スノストCD売上が発売3日でミリオン達成!

スノストがCD発売3日目で、売上がミリオン達成した記録をご紹介します。(ORICON調査より)

【発売初日(1月21日付)】

売上:77.3万枚

【発売翌日(1月22日付)】

売上:21.8万枚

【発売3日目(1月23日付)】

売上:10.3万枚

【発売初日~3日間】

累積売上:109.4万枚

 

デイリー3日目にしてミリオンを達成!

※オリコンデイリーシングルランキングより

 

数字だけ見ると、すごい快挙ですよね。

歴代ジャニーズのデビュー曲売上と比較しても、驚愕の結果です!

 

歴代ジャニーズデビュー曲 初週売上ランキング1位!

スノストのCD売上が、発売初日に77.3万枚、発売3日目で109.4万枚という記録は、歴代のジャニーズデビュー曲売上と比較しても凄まじい記録です!

歴代ジャニーズのデビュー曲で初週売上ランキング1位は、75.4万枚を達成したKAT-TUNの「Real Face」でしたが、その記録をスノストは1日で抜いてしまいました!

 

【スノスト】

発売初日:売上77.3万枚

【KAT-TUN】

発売初週:売上75.4万枚

すごい記録ですよね!

 

参考に、歴代ジャニーズデビュー曲の初週売上ランキングもご紹介します。※ORICON調査より

ランキング グループ・デビュー曲 売上枚数
第1位 KAT-TUN「Real Face」 75.4万枚
第2位 King&Prince「シンデレラガール」 57.5万枚
第3位 嵐「A・RA・SHI」 55.7万枚
第4位 Kis-My-Ft2「Everybody Go」 31.6万枚
第5位 Kinki Kids「硝子の少年」 31.5万枚
第6位 NEWS「希望~Yell」 27.1万枚
第7位 ジャニーズWEST「ええじゃないか」 26.2万枚
第8位 Hey!Say!JUMP「Ultra Music Power」 24.7万枚
第9位 V6「MUSIC FOR THE PEOPLE」 18.7万枚
第10位 中山優馬 w/B.I.Shadow「悪魔な恋」 17.6万枚

 

これだけの快挙を成し遂げたスノストですが、「スノストのCD売上がずるい」と批判的な声があがっているのです。


 

スノストCD売上がずるい?批判の理由は?

スノストのCD売上がずるい」と批判されている理由をご紹介します。

スノストのCD売上がずるい理由①売上が合算だから!

スノストのCD売上がずるい1つ目の理由は「売上が合算だから」です。

スノストのCDが発売初日に77.3万枚売り上げたのも、発売3日目にして109.4万枚売り上げたのも、「SixTONESとSnow Man」2グループの「売上が合算」された結果なのです。

 

「SixTONES vs Snow Man」と両グループは、

「ライバル関係」であり、

・「レコード会社」も違います。

(SixTONES:ソニー・ミュージックレーベルズ、Snow Man:エイベックス・エンタテインメント)

それにも関わらず、2グループの合算で売上が集計されているのです。(オリコン調査より)

スノスト2グループの売上が「合算」であることから「スノストのCD売上がずるい」と言われているのですね。

 

実際の声はこちらです。

スノストのCD売上がずるい理由②ハイタッチ券+抽選

スノストのCD売上がずるい2つ目の理由は「ハイタッチ券が封入されていること」「ハイタッチ参加は抽選で決まること」です。

スノストのシングルデビュー曲は、合計6形態(SixTONES 3形態、Snow Man 3形態)販売されていますが、全てにスノストハイタッチ応募券が封入されているのです。

さらにスノストハイタッチ会に参加できるかどうかは「抽選」で決まるため、1人で何枚も購入するファンが多数いたようです。

こちらのアンケート結果だけでも、1人あたり30枚以上購入した方が60人以上います。(投票者240人)

「ハイタッチ券」が封入されており、

「抽選」で決まる

となれば、「CD」売上枚数が伸びるのは当たり前ですよね。

「ハイタッチ券封入」と「抽選」という理由から「スノストのCD売上はずるい」と言われているのですね。

 

実際の声がこちらです。

しかし、King&Princeもデビューシングルに「ハイタッチ券の封入+抽選」という特典がついていたため、この特典だけに関しては「King&PrinceのCD売上もずるい」と言えますよね。

「2グループ合算」と「ハイタッチ券+抽選の特典」という2つの理由から「スノストのCD売上がずるい」という批判が出たことが分かりました。


 

ファンも複雑な気持ちに「ファンの声」をご紹介!

「スノストのCD売上がずるい」という批判的な声があがっていますが、ファンの方々も複雑な心境のようです。

SixTONES、Snow Manそれぞれのファン(もう1つのグループは応援していないファン)の方々は「売上が合算されること」に違和感を感じている印象でした。

ファンの方々も売上が合算されることに複雑な心境のようですね。


 

スノストのグループごとのCD売上は?

それでは、スノストのグループごとのCD売上はどうなっているのでしょうか?

Billboard JAPANの集計結果によると、2020年1月20日~1月22日の初動3日間のCD売上枚数は次の通りです。

【SixTONES(ストーンズ)】

「Imitation Rain」を表題曲とした『Imitation Rain / D.D.』は586,350枚を売り上げ暫定トップ(2020年1月23日時点)

その後、初週売上776,863枚を記録。総合首位(2020年2月3日付:集計期間2020年1月20日~1月26日)

【Snow Man(スノーマン)】

「D.D.」を表題曲とした『D.D. / Imitation Rain』は569,152枚を売り上げて、現在2位(2020年1月23日時点)

その後、初週売上752,236枚を記録。総合2位(2020年2月3日付:集計期間2020年1月20日~1月26日)

両作品とも初動3日間でハーフミリオンを突破しましたが、SixTONESの方が売上枚数が多いことが分かります。

初動3日間でも、SixTONESのCD売上枚数は、King&Princeの初週売上枚数57.5万枚を超えています。

King&Princeはハイタッチ券封入という条件では同じなので、グループごとに見ても「CD売上がずるい!」とは言えなくなりそうです。

しかし、そもそもBillboardとORICONでは集計方法が異なるため比較ができません。

そのため、結局「同じ条件では無いのに歴代ジャニーズと比較するのはおかしい!」「スノストのCD売上はずるい!」ということになってしまうのです。


 

スノストの売上は歴代ジャニーズの売上とは比較できない!

SixTONESとSnow Manの売上を別々に考えたとしても、BillboardとORICONでは集客方法が異なります。

そのため、比較ができず、結論として「スノストのCD売上はずるい」となってしまいます。

ORICONとBillboardの集計方法の違いはこちらです。

【ORICON】

・日本独自の集計方法

・CD売上枚数をカウント

・対象:ORICON集計協力店のレジを通ったもの、ネットショップで購入されたもの

参照:https://www.oricon.co.jp/rank/about/

【Billboard】

・アメリカで最も権威のある音楽チャートの日本版が「Billboard JAPAN」

・世界中がBillboard(アメリカ)の集計方法を基準にしている

・CDだけでなく様々な音楽メディアを総合的にカウント

→CDショップやCD通販、各配信業者の売上枚数、ラジオでのエアプレイや動画再生、Twitterでのツイート、CDからPCへの取り込み、カラオケのリクエストの回数すべてを合わせて集計

・CDジングルの具体的な集計方法:コンビニ、Eコマースを含む全国約53,000店舗の音楽・映像ソフトショップのPOSデータから、細かく区分されたエリアの平均シェア計測にもとづく「全国推定売上枚数」を算出している。

参照:http://www.billboard-japan.com/special/detail/2374

 

ざっくりと簡単に区別すると、次のようになると思います。

【ORICON】

・CD売上枚数をカウント

・協力店のデータより算出

【Billboard】

・CDだけでなく様々な音楽メディアを総合的にカウント

・CD売上:全国店舗のPOSデータより算出

 

こちらの動画でORICONとBillboardの違いを分かりやすく解説してくれていますので、ご覧ください。

 

 

実際に、ORICONとBillboardでは集計方法が異なるために、どちらかではランキング1位でも、もう一方ではランキング2位という過去の事例が出ています。

つまり、スノストの売上は、どんな形であれ正確には歴代ジャニーズとの比較ができないのです。

【ORICONで比較した場合】

スノスト:合算

他グループ:1グループのみ

比較できない

【特典で比較した場合】

スノスト、King&Prince:ハイタッチ券封入

その他の歴代ジャニーズ:ハイタッチ券封入なし

比較できない

【グループ別に比較した場合】

SixTONESの売上:Billboard

Snow Manの売上:Billboard

その他の歴代ジャニーズ:ORICON

比較できない

結果として、スノストのCD売上と歴代ジャニーズのCD売上を比較するのは「ずるい!」「違う!」となってしまうのです。


 

まとめ

スノストのCD売上に関して「ずるい!」と批判的な声が上がっていましたので、スノストのCD売上についてや、批判的な声について詳しくご紹介しました。

結果として、スノストのCD売上と歴代ジャニーズの売上は、

・合算であること

・特典付きであること

・会社によって集計方法が異なること

から比較できないということが分かりました。

「スノストのCD売上はずるい!」という声が上がってしまうのは、しょうがないことですが、歴代ジャニーズとは別枠としての記録を存分に伸ばしてほしいですね!

今後の活躍が楽しみですね^^

スノストの差の画像
【スノストの差】CD売上 会員数等7項目を調査!差が縮まって逆転も!スノストの同時デビューが決定してから、ライバル関係として様々な面で「差」が比較されています。 現在も「スノストの差」について気にな...
スノスト仲良し仲悪い画像
スノストは仲良し?メンバーエピソード!仲悪いと言われる3つの理由も!スノスト(SixTONES vs Snow Man)が同時デビューを果たし大注目されていますが、 「スノストは仲良しなのか?仲悪い...
スノストのメンバーカラーや兄弟プロフィール人気順の画像
スノストのメンバーカラー 兄弟 身長 プロフィール等を人気順で紹介!スノスト(SixTONES vs Snow Man)が2020年1月22日に同時デビューしました! ジャニーズJr.時代から大人気...
スノストセブンコラボチョコの値段の画像
【スノスト】セブンコラボチョコの値段が高すぎ?通常と比較!これから購入するには?SixTONES(ストーンズ)とSnow Man(スノーマン)のデビューに伴い、セブンイレブンのキャンペーンコラボ商品第3弾のチョコレー...
スノストハイタッチ会の応募方法や倍率、会場の画像
スノストハイタッチ会の応募方法や注意点!高倍率でも当選しやすい会場は?SixTONES(ストーンズ)とSnow Man(スノーマン)が、2020年1月22日に同時メジャーデビューしました! デビューシ...