芸人

【画像】美人女芸人「赤プル」を紹介!名前の由来や旦那・子供まで!

女芸人赤プルの画像

美人女芸人の【赤プル】さん。「赤プル」という名前がとても気になりますよね!

美人でスタイルが良く、トークも面白い「赤プル」さんは、今後TVで見かける機会も多くなると思います。

そんな気になる「赤プル」さんのプロフィールや名前の由来、旦那や子供情報などをご紹介します。


 

美人女芸人「赤プル」のプロフィール

美人女芸人「赤プル」さんのプロフィールをご紹介します。

赤プルの画像

引用:女芸人「赤プル」さんのアメーバブログより

《女芸人「赤プル」のプロフィール》

【本名】  :松丘夕子(まつおかゆうこ)※旧姓:草間
【生年月日】:1977年9月26日(41歳)
【出身地】 :茨城県常総市
【血液型】 :B型
【身長】  :158cm
【最終学歴】:茨城県立水海道第二高等学校
【コンビ名】:チャイム(もともとはピン芸人)
【事務所】 :大田プロダクション
【過去の番組出演】
エンタの神様・爆笑レッドカーペット・人志松本の〇〇な話(ゾッとする話)など他多数
【ネタ】
茨城訛りで「おめぇらいつまでもいつまでも調子乗ってんじゃねぇからな」をキャッチフレーズとする茨城県のあるあるネタ

エンタの神様や爆笑レッドカーペットにはよく出演していましたよね!
どういうネタか忘れてしまった方のために、動画を見つけましたので、ご覧ください。

思い出していただけましたか? ^^

 

基本的なプロフィールは、上記の通りですが、その他にも目を引く情報があったのでご紹介します!

・実家はお寿司屋さん!

・元ヤンキー!?

・複数の資格取得者!

詳しく見ていきましょう。

 

実家はお寿司屋さん!

「赤プル」さんの実家は、なんと、お寿司屋さんだったそうです!
実家のお寿司屋さんの名前は「ふじみ寿司」です。

40年以上続き、地元の方に親しまれているお寿司屋さんでしたが、4年ほど前に店を閉じました。40年以上も続くなんて中々無いことですよね。

そんな歴史ある「ふじみ寿司」の写真はこちら↓です。

赤プル「ふじみ寿司」の画像

引用:「赤プル」公式ブログ より

とても歴史を感じますね。多くの人に愛されていたと思いますので、閉店してしまうのは勿体ないような気がしてしまうのは私だけでしょうか?

「ふじみ寿司」に関する過去の情報は、「赤プル」さんの公式ブログで確認できます!
是非、ご覧ください^^

※赤プルさんの公式ブログはこちらからご確認ください。

 

元ヤンキー!?

「赤プル」さんは、なんと、元ヤンキーだったのです!
※ヤンキーとは、不良少年・不良少女などを意味しています。

元ヤンキーなだけあって、
アメブロのタイトルは「調子のってんじゃねぇかんな!!」ですし、
過去に出版した本のタイトルは「おめえら、いつまでも調子に乗ってんじゃねーかんな!」です。

おめえら、いつまでも調子に乗ってんじゃねーかんな! [ 赤プル ]

価格:1,028円
(2019/9/11 22:07時点)
感想(1件)

過去には、「女芸人元ヤン会」(元ヤンキー会)も発足していました。
※「女芸人元ヤン会」の記事はこちらです。

さらに、過去に出演した「松本人志のゾッとする話」では、喧嘩が強く自信があったことから、付き合っていた彼氏と殴り合いの喧嘩をしたことを話していました。

怖いですね…。そして強い!

松本人志のゾッとする話での「喧嘩エピソード」が動画で見つかったので、是非見てください!松本人志さんは大笑いしていましたよ!(笑)

 

 

複数の資格取得者!

「赤プル」さんは、「防災士」「調理師」「整理収納アドバイザー」等、複数の資格を取得しています!とても勉強熱心で努力家ですよね。

特に「防災士」という資格は、あまり聞いたことがない珍しい資格だと思います。どのような資格なのか、調べてみたので、ご紹介しますね!

防災士とは”自助”“共助”“協働”を原則として、社会の様々な場で防災力を高める活動が期待され、 そのための十分な意識と一定の知識・技能を修得したことを日本防災士機構が認証した人です。

引用:日本防災士機構HPより

※防災士は民間資格です。

具体的な活動内容は、自宅の耐震補強、家具固定、備蓄などから、防災講演や避難所訓練のリーダー役、消防団の活動に参加するなど多岐にわたります。

現在の赤プルさんの活動も多岐にわたり、講習会・研修会・地域活動参加など忙しそうです。

赤プル防災士の画像

引用:「赤プル」公式ブログより

活動の様子はこちらの記事で確認できますので、是非ご覧ください!

また、2019年4月には茨城県警察「いばらき安心・安全アンバサダー」に就任しています。警察にも防災士としての活動が認められている証拠ですね!

 

美人女芸人「赤プル」さんのプロフィールをご紹介しました。人間性豊かで、いろいろな資格を持っている「赤プル」さんは、これから様々な分野で活躍されると思います!注目です^^


 

「赤プル」の由来は心遣いから生まれた!

「赤プル」の名前の由来は、非常に気になるところですよね!

もともとは、「赤いプルトニウム」という名前で活動していました。

この「赤いプルトニウム」は、芸人「いつもここから」の山田一成さんが命名したそうです!自分でつけた名前では無かったのですね!
(下の画像で、山田一成さんは左です)

いつもここからの画像

引用:ワタナベエンターテインメント公式HPより

2011年3月17日の東日本大震災後、もともと愛称として呼ばれていた「赤プル」を、正式な芸名に変更したそうです。

なぜ、東日本大震災後に芸名を変更したのでしょうか?

その理由は、「プルトニウム」という言葉が福島第一原子力発電所事故の被害者の心情を害する恐れがあること、「実家も被災したこと」と言われています。

※プルトニウムとは、原子力発電所の運転中に生まれる放射性物質のことです。
(プルトニウムの詳しい説明は、こちらにてご確認ください)

 

いろいろな方の立場になり、心遣いができる素敵な心を持っているからこそ生まれた「赤プル」なのですね!


 

「赤プル」の旦那や子供は?

「赤プル」さんの旦那や子供はいるのか気になりますよね!

「そもそも結婚はしているのか?」「結婚しているのなら相手は誰なのか?」「子どもはいるのか?」などの疑問にお答えします。

「赤プル」は結婚している?

「赤プル」さんは、現在、結婚しています。

お相手は、松丘慎吾さんです!

2011年1月2日に結婚したことをブログでも公表しています。
(結婚報告のブログ記事はこちら

※インスタグラムの画像に一緒に写っている男性が、松丘慎吾さんです。

お相手の松丘慎吾さんは、同じ事務所(大田プロダクション)の先輩で、コンビ名「くらげライダー」として活動していました。

結婚後は夫婦でコンビを組み、コンビ名「赤プルと旦那」として活動をはじめました。後に、お笑い界での大御所であるビートたけしさんから「チャイム」と名付けられて、コンビ名を変更しました。

ビートたけしさんから名付けられたとは、偉大なコンビ名ですよね!

ナイツが所属する、浅草漫才協会にも所属しており、夫婦漫才をして活躍しています。
夫婦ならではのエピソードがネタに入っていて面白いですよ!

 

「赤プル」の子どもは?

現在、「赤プル」さんに、子どもはいませんでした!

「子どもがいる」という情報が出回っていますが、「子どもがいない」と分かる証拠が2つあるのでお伝えします!

証拠①「Road to すべらないへの道」での話

2019年のゴールデンウィークに浅草・侍茶屋で行われた「Road to すべらないへの道」に「チャイム」が出演しました。
そこで、旦那さんの口から「赤プルさんが今年42歳にもなるし、子供がほしい」というようなことを言っていたのです!

この発言から、今はまだ子供がいないと判断できますよね!

証拠②インスタグラム

赤プルさんのインスタグラムで、子供と一緒に遊んでいる写真が投稿されたことがありますが、その子供は姪っ子や友達の子供でした!

そして、姪っ子と遊んで「こんな子が家にいたら幸せ」というコメントや、友達の子どもを預かって「仲良く2人で遊んでいる」というコメントが書かれていました!

「自分の子どもはいない」ということが伝わってきませんか?

そのインスタグラムの投稿はこちら↓です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

二人で仲良く遊んでるよ!

赤プルさん(@puluco_a)がシェアした投稿 –

現在、赤プルさんに子供はいないようですが、これから子どもができて、素敵な家庭を築き上げていってほしいですよね^^

(プチ情報)
猫を飼っているみたいなので、猫好きの方は是非インスタグラムをチェックしてみてください!最初の方の投稿に遡ると、猫がたくさん投稿されていますよ^^

 

(赤プルさんのSNS情報)

◇「赤プル」さんのインスタグラムはこちら

◇「赤プル」さんのアメーバブログはこちら

◇「赤プル」さんのTwitterはこちら

 


 

まとめ

美人女芸人「赤プル」さんのプロフィールや名前の由来、旦那や子供の情報などをご紹介しました。

これからのご活躍が楽しみですよね!

様々な方面で活躍されると思いますので、期待です!